ダイエット

断食で食べ過ぎを抑える|正しいダイエット方法を行う

肥満抑制に留まらない対処

測定

断食にはダイエット効果の他に、自律神経系の機能調節による健康効果も期待される。食べ過ぎた場合、余剰カロリーは肝臓で蓄え切れない分が脂肪細胞に運ばれ、体脂肪の原因となる。そのため1日弱の断食によって食べ過ぎたカロリーを早めに消費し、体脂肪に変化する前に対処する事が重要となる。

読んでみよう

工夫で実現する迅速な減量

お腹

断食によるダイエットは効果が高いものの、食事をしない大変さが懸念されがちです。一日に一度だけものを口にして良いというルールで行っても速やかな減量が可能であり、試しやすさと続けやすさから人気がある方法となっています。

読んでみよう

空腹の効果的利用

スマイル

断食の本来の目的は、内臓機能の休息と、代謝機能改善による老廃物排出が主となる。したがって向き不向きや方法を間違えると、逆効果となるため注意が必要となる。栄養を必要とする人には、避けた方が無難とされる。また断食中には内臓を助ける成分を含む水分摂取や、前後の食事量の調節、冷え対策などに注意が必要である。

読んでみよう

飽食への解答

水着のレディー

食べないことの利益

現代は飽食の時代といわれています。人類の歴史上始まって以来初めて、食べ過ぎによる健康への害が問題になっています。社会経済は豊かになり、主食である米類の摂取が減り動物性食品の摂取が急増し、肥満、糖尿病、脂質異常症といった栄養健康上の問題が増えています。これにより人の内臓や消化器官は酷使され、食べ過ぎや間食も含めた絶え間ない食物の摂取が、胃拡張を引き起こします。栄養過剰の現代では断食をすることでいくつものメリットを享受できます。10〜15日程度の断食を行うことで大きくなり過ぎた胃が元の大きさに戻るなど、消化器系の疾患への望ましい効果が期待できます。消化に関わる臓器を休息させたり、便秘でたまった排泄物、毒素を大腸から一掃してくれます。断食を10日ほど続けると体への危機的状況に対応して白血球が増加し、細菌への抵抗力が増すのです。

やり過ぎは禁物

断食で最も期待されるのが体重を減らすことですが、やり過ぎで筋肉量が減少すると基礎代謝が減り痩せにくい体質になるので注意が必要です。ダイエットの指標は体重ではなく体脂肪の減少を目安にすべきです。断食の途中から赤い湿疹や舌ごけが出ることがありますが、これは体内の毒素を排出しようとするサインなので問題ありません。断食中は水分を大量にとる必要がありますがカフェインや糖分が大量に入ったジュースなどは避けてミネラルウオーターを飲むようにします。事前に準備期間を設け、徐々に体を断食に慣らしていきます。断食終了後はカロリーの低いおかゆなどから始めて徐々に元の食事に戻しますが、高カロリーの食事や暴飲暴食は意味がなくなるので注意が必要です。週末1〜3日程度のプチ断食・ファスティング程度であれば自宅で行っても問題ありませんが、それを超えて10日程度の断食をする場合は施設の整った場所で行います。持病等がある方は医師の指導の下で行いましょう。